コスメライターサイピルの保湿のやり方(秋・冬編)と保湿化粧品の選び方

サイピルの保湿のやり方 秋編 3つのポイント

保湿のやり方

1つめは、化粧水や乳液をお風呂場に持っていくことです。冬場は特に乾燥が敵なのでもうお風呂の湿気を利用して肌が潤っている間に化粧水と乳液などスキンケアを全て行い潤いを閉じ込めちゃいます。

2つめは似ていますがボディークリームをお風呂場に持っていくことです。肌が乾燥した空気に触れる前に、特に毛の処理をしたときは入念に保湿を行います。そうすることで乾燥してしまう隙を与えることなく肌に早く潤いを与えられることが可能です。

最後に3つめは蒸しタオルで肌を温めて毛穴の掃除をすることです。冬場は毛穴がキューっと引き締まりますがその分毛穴にゴミが溜まりやすいので、しっかり毛穴を開いてあげて、毛穴のお掃除をすることが大切です。

サイピルの保湿のやり方 冬編 3つのポイント

1つめは、クレンジングをクリームやミルクタイプに変えることです。外気温が急激に下がり空気が乾燥する冬は「落としすぎ」に注意が必要で、ぬめり感を無くしたクレンジングだとよくありません。なぜなら、肌の水分が放出されてしまうからです。そのメカニズムですが、まず洗顔後の毛穴が開く、次に直接乾燥した外気に触れる、そして、化粧水をつける時までの間に肌をかばーするものがない。そのために肌の水分が出て行ってしまうのです。

そこで、クレンジングの種類をクリームタイプやミルクタイプに変更し、肌表面に乗っている汚れは浮かせて落とします。ただ、肌の表面にある潤いは、本来の機能により残っている大切なものなので、残すようにします。そうすることで、急激な水分の蒸発を防ぐことができるからです。

2つめは導入美容液を見直すということです。乾燥を防ぐためオイルで蓋をするのですが、その蓋がより効果的になるよう土台から丁寧にすることでしっかりと水分を与えた肌に蓋をすることができます。

3つめは、その蓋オイルを使いすぎないという点です。なんでもつけすぎると潤った気分になりますがべたべたするだけで一切効果がないので「適量」を付けるよう心掛けてます。

サイピルの保湿化粧品の選び方 3つのポイント

1つめはセラミドが配合された化粧品は、美容液や乳液、クリームなど、油分が含まれたもので取り入れることです。お肌の水分を保つ役割は、角質層に存在する細胞間脂質(セラミドなど)が8割を占めています。クレンジングや洗顔を行うと、洗い流されてしまい、お肌は約24時間かけて回復します。しかし、回復前は保湿能力が低下した状態です。そのため必要なことが出てきます。それは、「肌が持つ水分を保つ機能が弱まっている間に、お肌を空気の乾きからプロテクストすることです。

2つめは美白成分の入った化粧水を選ぶことです。乾燥肌の角質層はバリア機能が低下しているため、紫外線の影響を大変受けやすいです。そのため、乾燥している箇所ほどシミやそばかすができやすいのでエイジングケアとして大切になります。

3つめは「グリシルグリシン」など、角化を整える成分が配合されているものです。お肌は自らを守るためにやっていることがあります。それは28日周期のターンオーバーです。これを早めることで、角質層の厚さを十分にしようとする働き=「過角化」が起こります。そうすると、毛穴が詰まりやすくなるため、乾燥肌でありつつ、毛穴の開きも発生するのでこちらの成分はとても重要です。

ヒフミドという商品をおすすめします。こちらはセラミドが配合されているので、年齢と共に減ってしまっているセラミドを補うことができます。そうすることで若々しい肌を保ち、シミや小じわになるのを防いでいきます。

saipil

コスメライター サイピル

中学生の頃からニキビに悩まされ、様々な市販の薬を使うものの悪化、結局皮膚科に御世話になることが度々あった。学生時代を終え、社会人になってからは百貨店の化粧品コーナーに足を運び、ニキビに良いとされている商品を片っ端から試し、今のスキンケアに落ち着いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加