ライターさとまりの保湿のやり方(秋・冬編)と保湿化粧品の選び方

さとまりの保湿のやり方 秋編 3つのポイント

パック

1つ目は、毎晩シートパックで潤い補給することです。理由は、乾燥対策にはとにかくたっぷりの水分補給が大事だと思うからです。高価なシートパックを週1、2回使用する方法よりも、格安シートパックでも良いので、毎日することが大事です。

2つ目は、就寝前はしっかりと保湿クリームで蓋をすることです。理由は、翌朝まで水分をしっかりと肌に閉じ込めて、翌日もふっくらとした肌をキープできるよう保湿するためです。寝てる間に肌が水分不足にならないようにしっかり蓋をすることが大切です。

3つ目は、朝の化粧水2度つけです。理由は、日中もずっと潤いを保つために朝、化粧をする前に十分にお肌に水分を補給します。化粧水の2度つけだけでファンデーションのノリや持ちも数倍良くなります。

さとまりの保湿のやり方 冬編 3つのポイント

1つ目は、42度の湯船に浸かることです。理由は、肌の新陳代謝を高め、免疫細胞を活発にさせることで、乾燥知らずの潤い肌をキープできるのです。もちろん、42度のお湯で洗顔することもおすすめします。

2つ目は、朝の洗顔はしないことです。理由は、前の晩にたっぷりと保湿されたお肌の潤いをそのまま閉じ込めておきたいからです。洗顔をしないといっても顔を洗わないわけではありません。洗顔料を使わないというだけです。朝、水またはお湯だけで洗顔したほうが良いという考えは意外とたくさんのビューティーアドバイザーの意見でもあるのです。

3つ目は、部屋に除湿乾燥機を置くことです。理由は、まずは身近なところから出来るだけ乾燥対策していくことが肝心です。

さとまりの保湿化粧品の選び方 3つのポイント

1つ目は、とにかく保湿効果の高いクリームやゲルがおすすめです。理由は、効果がとても高いからです。乾燥はお肌にとって一番の天敵です。簡単に素早く潤い肌に導けるゲルやクリームをおすすめします。

2つ目は、保湿を強化させている化粧水です。理由は、乾燥対策として一番大事なのは何よりも水分だからです。体と同様お肌にもたくさんの水分が必要となるのです。シワやたるみの原因にもなる乾燥はやはり、十分な水分を必要としています。

3つ目は、シートパックです。格安で売っているシートパックで十分です。理由は、毎日使用することが大事だからです。30枚とかパックで売ってる安めのシートパックでも大丈夫です。乾燥知らずのお肌に導くための必死アイテムと言えます。

オールインワンゲルをアイクリーム代わりに目もとにつけて寝ると翌朝もちもちしたふっくら目もとになります。目元は乾燥が一番目立ちやすい部分ですので、保湿も顔の中では一番強化させたい部分です。寝る前にたっぷりつけると翌朝まで残っているくらいです。ナイトパック感覚です。

コスメライター さとまり

辺見えみりさんにちょっと似た神奈川県在住、アラフォー。最近目元のたるみが気になり始めて、アンチエイジングケアに力を入れています。乾燥はシワ、たるみ、くすみ、シワすべての原因に繋がりますので、とにかく保湿を気にしています。美肌キープは水分保湿あるのみだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加